タイ古式マッサージとは。

タイ古式マッサージは、タイ王国の伝統医学であり、代替医療、予防医学としての実績を持つ東洋医学です。そのルーツは、今から2500年前のブッダの時代にもさかのぼると言われています。 タイ古式マッサージは、タイ語でマッサージするという意味の「ヌアット」と古式、伝統的という意味の「ボーラン」が合わさり、「ヌアボーラン」と言います。
「ヌアボーラン」は、人体に「セン」と呼ばれるエネルギーラインが流れているというタイ王国独自の伝統医学の考え方の上に成り立っています。
エネルギーラインの中でも特に重要とされる10本の全身のセンを刺激するようにして施術を行うことで、エネルギーを回復させることができると考えられています。
その中でも6本が足(足裏~足の付け根)の部分に集中しているため、通常のヌアボーランでは、足の部分のマッサージからスタートします。
そして、全体の中でもその割合が多いというのも、他のマッサージと比較した場合のひとつの特徴と言えます。
タイ古式マッサージは、凝りをほぐすだけでなく、全身の血行を上げて細胞ひとつひとつにまで酸素や栄養を運び、疲労回復やアンチエイジング効果、基礎代謝をあげ、免疫力アップにも繋がり、体内組織に蓄積された老廃物の排出を促進します。
その日の疲れ具合や体調に合わせて、疲れた箇所などほぐして疲れを取り除き、自律神経の働きを正常化させることにより、心身のバランスが保て、高いリラックス効果をもたらし、より深いヨガ的瞑想に近いリラクゼーションを味わって頂けます。
定期的なメンテナンスを行う事で、身体の疲れを取るだけでなく、自己治癒力を高め、さまざまな予防効果と、こころのバランスを整える事が期待できます。